CHECK

キャンピングカーとは?初めて乗る人が知っておくべき基礎知識を詳しく解説

アウトドアライフをもう少し楽しくするキャンピングカーはキャンプだけでなく長距離の旅行にも使いやすい車です。
車にはソファベッドとキッチンと水道が完備されているので運転中や駐車中に快適に過ごせます。
今回は基礎と利用している時の注意について詳しくご紹介します、あなたにぴったりのカーを見つけてアウトドアをさらに楽しんでください。
今回はポイントをしっかり押さえてルールを守って楽しいカーライフを実現していただきたいです。

キャンピングカーとは?初めて乗る人が知っておくべき基礎知識を詳しく解説

自走式キャンピングカー基礎と利用時の注意です。
普通車では乗り心地や操作性が大きく異なるため、初めてキャンピングカーを運転する人は混乱するかもしれません。
キャンピングカーと普通車の主な違いは、車両の重量です。
普通車の重さは約1〜1.5トンですが、キャンピングカーの重さは約2〜4トンで、その2倍になります。
カーブはゆっくりと丁寧に運動しながら横風に注意。
部屋の大きさを優先するために立方体のような形をしていることが多く、前​​、後ろ、左、右からの風の影響を受けやすくいです。
突然の開始と停止に注意。
キャンピングカーは転がりやすいからです。
シートベルトは必ず締めてください。

キャンピングカーは細かいタイプに分類される

キャンピングカーはキャンプを楽しむために様々な設備が整った車の事ですが、実際には細かなタイプに分類されるため用途に合わせて選ぶことが大切です。
メンテナンスや維持の面で最も有利なものは、乗用車タイプのもので車検等の手間がそれほどかからない上、一般の乗用車と同じように利用することができるので便利なものとなっています。
ワンボックス車両であれば室内を適度に改造するだけで利用することができるようになり、快適に過ごすことができるスペースを確保することができるの魅力です。
自宅に十分な駐車スペースがあり、またより快適なキャンプを楽しみたい場合であれば、トラックベースや牽引式のものが有効に利用できます。
より快適なスペースを確保することができる反面、運転するためには特殊な免許が必要な場合が多いので注意をしなければなりません。
その他にも最近では軽自動車を改造したものや、その他の特殊な機能を追加したものなど様々なキャンピングカーがあります。
それぞれ登録条件なども異なるため、その要素や利用環境などを比較して選ぶことが大切です。

キャンピングカーは宿泊費を節約できる

キャンピングカーといえばキャンプができる車のイメージですが、実際のところ生活に必要な設備が一通り揃っているので、宿泊施設を利用する必要がなく、費用の節約ができるのではないでしょうか。
キャンピングカーは移動の足となる車に、ベッドや調理を行うキッチンが備わっているので、場所を選ばずどこでもキャンプをすることが可能です。
勿論、実際にはキャンピングカーを停めることができたり、水が使える場所という条件はつきます。
しかしテントを張る手間が省けるだけでなく、宿泊費も節約できるのは魅力という他ないです。
宿泊地に向けて出発してドライブを楽しみ、到着すればすぐに休憩を取ったり調理して食事がいただけるので、本当に便利で快適です。
そこにお得が加わるわけですから、キャンピングカーはまさにアウトドア好きにとって魅力的で、費用対効果が優れる車だといえます。
購入となると高額な費用が掛かりますが、レンタルならハードルは低いですし、お得に楽しいアウトドアが実現するのではないでしょうか。

旅先で料理ができるキャンピングカーのメリット

キャンピングカーには水道、電子レンジ、冷蔵庫が完備されている物もあり、さらにガスコンロを持ち込めば、いつでも好きな料理が楽しめるようになっています。
すぐに手を洗えるので衛生的ですし、冷蔵庫がついていれば作ったものの一時保存もできます。
電気ポットも用意しておけば、ドリップコーヒーなども簡単に飲めます。
例えばキャンピングカーで遠出をした時、その土地の名産のお肉を購入し中で焼くなんて夢もかないます。
電子レンジが備えられていればコンビニの地域限定商品を好きなタイミングで温めて食べる事も可能です。
キャンピングカーはある意味非日常の空間なので、よりいっそう美味しく感じられると思います。
いつでも料理ができるので、食材をあらかじめ購入しておけば早朝の朝食も深夜の夜食も思いのままです。
近場にお店がないような場所へも泊まりで出かける事ができるので、山や海に行きたい家族にもぴったりです。
釣りに行き釣った魚を処理してすぐ食べる事もできます。
きっと楽しい思い出になるでしょう。

キャンピングカーとしてのフル設備を備えたキャブコン

キャンピングカーには様々なタイプが存在しますが、多くの方がキャンピングカーと聞いて真っ先に思いつくのがキャブコンでしょう。
キャブコンは、トラックの荷台部分を居住空間に改造したタイプで、運転席以外の部分が全て居住空間となるため、広々とした空間で過ごすことができます。
天井も高いため、車内での移動や着替えの際に中腰になる必要もありません。
設備が充実しているのも魅力のひとつです。
車種によってはオプションで追加しなければならないものもありますが、キャブコンにはベッド・テーブル・キッチン・トイレ・シャワー・エアコン・換気扇などが備わっています。
生活に欠かせない様々な設備が整っているとともに、収納スペースも広めなのでキャンピングカーであっても自宅のように快適に過ごすことができるでしょう。
ただし、キャブコンは車体が大きく、運転には細心の注意を払う必要があるので、この点については十分に理解しておく必要があります。

キャンピングカーには乗車定員と就寝定員の2つがある

キャンピングカーは自己所有するとなると維持費がかかるけれども、レンタカーなら使いたいときに利用できて便利、このようなことからもレンタカーのキャンピングカーを使う人も多くなっているようです。
しかし、家族や仲間同士でキャンプに出掛けようとするとき、このような車両は何人乗りになるのか家族の人数に対応している車種が分からないなどのケースも多いのではないでしょうか。
内装や架装および交換が行われている特殊車両などから、定員が不明確なケースが多いわけです。
なお、キャンピングカーの人数は乗車定員と就寝定員の2つがあることを覚えておきましょう。
ベースとなる車両をカスタマイズしているケースが多いけれども、ベース車両が5人乗りでもそれがそのまま引き継がれることはありません。
そのため、キャンピングカーを選ぶときには車として乗れる人数でもある乗車定員と車内で寝ることができる就寝定員をしっかり確認した上で選ぶことをおすすめします。

大人数でも快適に過ごせるキャンピングカー

キャンピングカーはキャンプをするときに利用することが多いので、大量の荷物を快適に持ち運びするときに便利な存在です。
通常の自動車よりも大きいような特徴がありますから、荷物を運ぶだけでなく大人数でも快適に乗車できるような特徴もあります。
基本的にキャンピングカーはレンタルするようなこともできますが、実際にレンタルをする車両によって乗車できる人数などに違いがあるので、最初にその点についても意識を向けないといけないです。
どのようなキャンピングカーでも数人程度は乗車できるケースは多いですが、寝ることができる空間はそこまで用意されていないこともあるので、一般的には寝る場所が確保されている人数で乗車するのが大切になります。
あまりにも大きなサイズのキャンピングカーになると運転するのが難しくなるような特徴もありますから、実際に運転することを想定してレンタルする車両を選んでいくのも重要です。
安全に運転することができなければ、楽しい旅行なども台無しになってしまいます。

キャンピングカーは新車と中古車どちらがおすすめ?

キャンピングカーを購入するにあたって、新車と中古車のどちらを購入すべきか迷っているという方は多いかと思いますが、自分好みのキャンピングカーが欲しいという場合は新車がおすすめです。
キャンピングカーは、トイレや自動ベッドなど後付けするのが難しい設備が多いため、中古車では自分好みにカスタマイズできないことがあります。
しかし、新しい車両であれば、自分好みのオプションを付けることができるので、理想のキャンピングカーを手に入れることが可能です。
加えて、車両や設備が新しいため故障のリスクが少なく、万が一故障した場合も保証が受けられるという魅力もあります。
一方で、少しでも購入費用を抑えたいのであれば中古車がおすすめです。
新しい車両を購入する場合、オプションを追加していくと思っていたよりも高額になってしまうケースが少なくありませんが、中古であればオプション込みの価格なので提示された金額以上に費用がかかることがありません。
特に、前のオーナーがこだわりを持っていた場合、価格以上の装備が備わっていることもあります。
さらに、中古車の場合は納車までの期間が短いとともに、汚したくないという心理的な抑制が少なく手軽に使用できるという魅力もあります。

用途に合わせたキャンピングカーの選び方

アウトドアを気軽に楽しめるキャンピングカーを購入する世帯が増えています。
でかけた先で車内で宿泊できるため、快適性においても高いものがありますし、災害の際にも利用できるのがメリットです。
そんなキャンピングカーの購入を検討する際には、用途にあったものを選ぶのが大切です。
用途重視の選び方のポイントでは、利用する人数を考慮しましょう。
具体的には一人旅か、夫婦や恋人など2人で利用するか、3人以上の家族連れやペット同伴かなども重要な要素となっており、使い方によって選ぶキャンピングカーが違ってきます。
一人旅や夫婦や恋人など1人から2人ならば軽キャンパーと呼ばれる軽自動車ベースのものがおすすめになります。
家族3人以上の場合はバンベースのバンコン、トラックの架台を利用したキャブコンなどがよいでしょう。
基本的にキャンピングカーのサイズが大きくなるほど価格も高くなる傾向があるため、価格面においてもしっかりと検討しておきましょう。

女性や子供にも安心のベッドが備えられているキャンピングカー

今の時期は家族みんなでキャンプをしたり旅行を楽しみたいと考えていることが多いため、快適で居心地の良いキャンプを楽しむためには実用性の高いキャンピングカーが必要になってくるでしょう。
しかし、キャンピングカーであれば何でも良いというわけでは無く、子供たちが安心して寝られるようなベッドが備え付けられていることはとても重要になってきます。
また、女性や子供が安全に過ごせるキャンピングカーの条件を考えると、ゆったりとした空間になっていて自由に動ける広さがあること、清潔感に溢れていて長時間いても苦にならない空間になっていること、シャワーやトイレがしっかりと備わっていて生活に不便を感じない構造になっていることが重要になります。
そして、何よりも大切にして欲しいのが快適なベッドの存在になってくるので、ある程度寝返りをうっても落ちないくらいのスペースを持った広々としたベッドになっているかは確認しておくことが大切です。

キャンピングカーはペットも一緒に乗車できる?

キャンピングカーは、ペットともに旅をしたい方にとっても魅力があります。家族の一員として一緒にキャンプに出かけたいという要望が増えており、様々な工夫をこらしたアイテムやキャンピングカーも見つけられます。基本的に愛犬や愛猫などを一緒に乗車させることは法律的にも問題ありませんし、最近では専用設備を備えた車種も増えるなど、目的に合わせて選べるため、選択肢が増えたと言えるでしょう。代表的な設備としては車両内の室温が上がりすぎないように熱を排出するベンチレーターや電源となるソーラーシステム、後部ドアを上げた際に不意に飛び出さないようにする専用ネット、専用マットレスなどを備えたものであれば、より楽しく安全に快適に旅行を楽しめます。またペット用の標準内装を持つキャンピングカーに力を入れるメーカーも増えており、一緒に乗車して旅をしたい方に選ばれています。大切な家族と一緒に旅をしたいならキャンピングカーを検討してみてはいかがでしょうか。

キャンピングカーの断熱性を高めるためのアクリル窓

一般的な自動車の窓ガラスはガラス製が主流ですが、キャンピングカーの場合はアクリル窓が採用されているケースが増えています。アクリルは、ガラスよりも断熱性が高いため、エアコン効率が高まり夏場でも冬場でも快適に過ごすことが可能です。近年はアクリル板を二枚使用した二重窓が使われているケースも増えており、より高い断熱性能が実現されています。 軽量なのも魅力のひとつです。キャンピングカーは車体自体が重いことに加えて、家具や家電も搭載されているため総重量がどうしても重くなりがちです。車重が増えると運転のしにくさにつながりますが、軽量なアクリル窓は車体の軽量化に貢献してくれます。しかも、車両の比較的高い部分にある窓が軽くなるので、走行時の安定性が向上します。 また、アクリル窓は割れにくいという特徴もあります。万が一事故を起こしてしまった場合でも、窓が割れてしまうことが少なく、割れてしまっても破片が飛び散ることがないのでケガのリスクを軽減することが可能です。

キャンピングカーをアクリル窓にすることで防音効果が得られる

キャンピングカーは旅行先などで車内で睡眠を取ることができたり、また様々な目的に利用することができるため非常に便利な車となっています。周囲の騒音が気になって夜眠ることができないと言う場合も少なくありません。そのような場合にはガラス窓をアクリル窓に交換することで防音効果を得ることができます。 自動車のガラス窓は運転者の視認性を良くするために使用されていることが多く、基本的に防音性はあまり重視されていません。また窓を閉め切った状態であっても外の音が聞こえないと安全性の上で問題が生じることから、あえて音が聞こえるようにしていると言う特徴があります。キャンピングカーの場合にはこれが夜眠れないなどの問題を生み出すことになるため、その部分だけをアクリル窓にすることでより高い防音効果を得ることができるのが特徴です。 アクリルは、ガラスに比べて振動を伝えにくいと言う特徴があります。ただし透明度が低下するため、運転席の周辺など安全性に影響が及ぼすところは避けることが大切です。

自走式キャンピングカーは大きく分けて2種類ある

キャンピングカーは、牽引車にキャンプに必要なキッチンや就寝用ベッド、シャワーやトイレなどの水回り設備を備えたトレーラーを接続して、牽引した状態でキャンプ地などに移動する車両と、設備が車両に備わっていてエンジンが付いている自動式などの2種類です。さらに、自走式の場合はフルコンバージョンやセミフルコンバージョンなどの種類があります。フルコンバージョンは、フレームや駆動系・エンジンなど専用のベアシャーシにキャビン全てを架装してメーカーが製造したもので、セミフルコンバージョンはバスボディの運転席より後部の位置に、プラットフォームフレームを組み込んでハウスボックスを床下から設計し、キャビンを一体化して形で製造したものなどの違いがあります。なお、レンタカーを利用してキャンピングカーを借りるときには、自走式の方が運転しやすいなど安全性を考えて選ぶことをおすすめします。また、自走式キャンピングカーの中にはマイクロバスを改造した収容人数が多いタイプもあるので探してみると良いでしょう。

キャンピングカーに付けられるトイレの種類

キャンピングカーを検討している方にとって気になるのが、トイレではないでしょうか。高速道路のSAやPAなどを利用できるため、必ずしも必要というわけではありませんが、あれば安心感と利便性を得られます。キャンピングカーで利用されている設備には大きく分けて3種類あり、それぞれに使用方法や清掃方法が違ってきます。ポータブル式は持ち運びできるもので容量が少ないため、軽キャンパー向きと言えるでしょう。カセット式はキャブコン以上のキャンピングカーに常設されており、汚水タンクを取り外し可能、水洗式であるため清潔に使えるのも魅力になっています。マリン式も常設タイプとなっていますが、RVパークやキャンプ場のダンプステーションにて処理するため、日本ではほとんど普及していません。日本で注目を集めているキャンピングカーのトイレは、ポータル式とカセット式が主流になっており、いずれも汚物を分解するための薬剤を使用し、自宅に持ち帰って処理します。

キャンピングカーはサブバッテリーで快適性が決まる

キャンピングカー選びでは、居住空間の快適性に直結するサブバッテリーの性能も大切なポイントです。主に居住スペースに電力を供給する電源であり、照明・冷蔵庫・換気扇など他を動かすことができます。キャンピングカー用のメインと居住空間用のサブに分けることで、充電切れが起きても運転できるようになっています。現在ではリチウムイオン型が主流になっており、電子レンジなどの出力の高い家電を利用することもできるのでアウトドアでありながら家庭にいるかのように生活できます。従来の鉛ディープサイクル型よりも割高ですが蓄電性能や出力、充電速度やコンパクト軽量、サイクル回数に優れているため、選ばれるようになりました。また充電方法としては走行充電方式・外部電源方式・ソーラー型の3通りが利用されており、特に走行充電と外部電源の2つがあると安心して利用できます。快適なキャンピングカーの旅を検討しているときは、サブバッテリーの容量・方式・出力もチェックしておいてください。

カプセルホテル並みに過ごしやすい!新スタイルキャンピングカー

アウトドアをもっと楽しくなるキャンピングカーですが、注目を集めているのが米国メーカーが開発したキャンビングトレーラーです。セダンやトールワゴンやSUVが牽引するトレーラースタイルを採用しており、従来のキャンピングカーよりも極めてコンパクトなスタイルを特徴とします。室内のほとんどがベッド空間が占めていて、天井までのスペースも従来のキャンピングカーと比較すると低く、日本発祥のカプセルホテルのようなスタイルをしています。PC作業できるためメールやSNSのチェックをすることも簡単、リア部分にキッチンを内蔵したものも登場しており屋外での調理も可能、ベッドなどの内部空間に調理中の匂いがつくこともありません。2023年8月の段階では国内販売されていませんが、すでに日本からも引き合いがあるため、いずれ街中で見かけることがあるかもしれません。小型キャンピングカーを検討している方にとって魅力的な選択肢になりそうです。

アウトドアブームのトレンドを牽引するキャンピングカー

アウトドアブームは世界中でさらに加速していますが、海外だけでなく日本でもキャンピングカーはそのブームを牽引しています。いろいろなタイプがあって、軽自動車から大きなトラックの上に居室を乗せるタイプのものまで様々です。キャンピングカーのトレンドは、ライフスタイルに合わせて選択できるものに変化しつつあり無理せずに予算や用途に合ったものが選べるのも魅力です。キャンピングカーは、車中泊を快適にする事が出来てトイレやキッチンなどもついているものならホテルを取らなくても長期旅行ができます。アウトドアブームで、その中でも特に多くの人の憧れの的なのがキャンピングカーです。一般的な車よりも価格は効果ですが、中古やコンパクトなタイプなどは現実的な価格で手に入るものもあります。又、試してみたい方向けにレンタルをしているサービスもあるのでまずは利用してみてはいかがでしょうか。サイズが豊富ですし、用途に応じて選べます。

キャンピングカーは輸入車ベースのものもある

キャンピングカーの購入を検討していて、国産ではなく輸入車を希望しているなら多くのメーカーでキャンピングカーを販売していますのでディーラーに見に行ってみてはいかがでしょうか。希望する車の在庫がなくても中古や新古車が流通していますし、例えばアメリカ車のトラックの上に居住スペースの箱を取り付けるといった使い方もできます。ボックスタイプになっているものもありますし、外付けで取り外しができるタイプもあるのでライフスタイルや予算に合わせて選ぶ事が出来ます。輸入車は国産車に比べると壊れやすいイメージが持たれていますが、ディーラーで扱っているものなら修理も可能です。キャンピングカーにもいろいろな種類があり、車のメーカーが純正で出しているものやキャンピングカーン専門ブランドで改造をして販売されているものもあります。トイレやお風呂といったオプションをつけられたり、好みや予算に応じてカスタマイズできるのも魅力です。

初心者がキャンピングカーを運転する際の注意点

キャンピングカーを購入やレンタルして、友人や家族と遠出したいと考える方も多いのではないでしょうか。ただ、キャンピングカーは普通車と比べて車体が大きいので、自分でも安全に運転することができるのか不安を抱える方も少なくありません。キャンピングカーの運転するためのポイントや特徴を熟知することで初心者でも安全に扱うことが可能です。まず「スピードの出し過ぎ」に気をつけることです。これは普通車にも言えることですが、特にキャンピングカーは100キロ以上の高速走行は苦手なため、高速道路などでは周りの車が速く走っていても80〜90キロぐらいの速度で走行しなければなりません。速度を出し過ぎるとちょっとした風に煽られて横転したり、タイヤがバーストしてしまう危険が伴うので、初心者は特に普通車と同じような感覚で運転しないように気をつける必要があります。次に「車体の高さ」を把握しておくことです。長さは普通車とほとんど変わりませんが、高さと横幅は大きく異なるので、高さ制限のある高架下などに入らないように事前に理解しておくことが重要です。

キャンピングカーに関する情報サイト
キャンピングカーの基礎知識

アウトドアライフをもう少し楽しくするキャンピングカーはキャンプだけでなく長距離の旅行にも使いやすい車です。車にはソファベッドとキッチンと水道が完備されているので運転中や駐車中に快適に過ごせます。今回は基礎と利用している時の注意について詳しくご紹介します、あなたにぴったりのカーを見つけてアウトドアをさらに楽しんでください。今回はポイントをしっかり押さえてルールを守って楽しいカーライフを実現していただきたいです。

Search

更新情報